摂理的歴史の光の中にあって-1977-02-23

FavoriteLoadingAdd to favorites(cookies)

摂理的歴史の光の中にあって (真の父母様の説教より)

1977年2月23日

ニューヨーク・ワールド・ミッションセンター

  人間としての誇り

きょうは、皆様も御存じのように、私の誕生日です。私のきょうのメッセージは、「摂理的歴史の光の中にあって」です。

原理によって私たちは、アダムとエバの堕落が人類歴史の行く道を決定したことを知りました。堕落していなければ彼ら自身、全人類と宇宙を伴って完成したはずでした。アダムとエバの完成、そして地上における神のもとにある彼らの家庭の完成と繁殖は、神の最初の御計画でした。最初の国家ができ、それを繁殖し、ついには、すべての国家が神に仕える世界が築かれるはずでした。アダムの一族が唯一の民族、すなわちアダム民族となり、一つの国家、アダム国家ができ、そして全世界が、アダム民族によって満ちあふれる世界となるべきでした。さらに全宇宙の中心は、神でありアダムとエバとなる予定でした。

神は、宇宙のすべての生き物の中心なので、私たちの毎日の生活は、神を中心としております。すべての伝統的生活の方法も、神に根源を発するべきでした。全歴史、伝統、習慣は、神に端を発したものとなるはずでした。そしてそれらは、すべて神の愛を根底とし、神の愛につながったものとなるはずでした。完成された世界は、神の愛から離れることのできない世界となっていたことでしょう。どんなに神の愛から離れようと努力してみても、離れることのできない世界であったでしょう。

この地上において人間には、親から離れると寂しく、会いたいと願う傾向があり、特性があります。特に、幼ければ幼いほどそうです。二、三日も両親から離れていると、すぐに会いたくなります。この人間の性質は、人類の本性からきたものです。ですから、この切っても切れない関係は、維持できるのです。この関係が壊れたとき、人間は、神なくして孤独に耐えることができません。もし、人間に誇り得るものがあるとすれば、それは何でしょうか。完成された世界における人間としての最高の誇りは、神を自らの父親として所有することです。神が、自分の父であることを、皆さんは、知らないのですか。

次に最高の誇りであるのは、神の愛を所有することです。神の愛の独占権をもつことです。完成された世界において、三番目に誇り得ることは、神のもっているものを、すべて相続するということです。神のもっているものすべてが、私のものとなるのです。この世には、多くの社会的地位があり、多くの人が「私の父は、博士号をもっています」「私の父は、医者です」とか「私の父は、スウェーデン王朝の出身です」とか言って誇っております。しかし、考えてみてください。皆さんは、「私の父は、神です」と言えるのです。

多くの人々は、自分が有名人の息子であることを誇りにしていますが、しかし父親とは何の愛情の関係ももっていない人が多いのです。しかし皆さんが、神は私の父です、と言うことは、既に皆さんが、天の父と愛のきずなをもっているということなのです。

あなたが、天の父の子だとしましょう。するとすべての召使は、あなたがその家の主人になるということが分かります。もしあなたが、神の子であるとすれば、あなたがすべての創造物の主人となるであろうということを全天使たちは知っておりますから、彼らは、あなたを敬わなければなりません。神は、神自身を父とし、人類を息子とした歴史を予定しました。神の家庭からすべてを受け継いだ、父の家庭、息子の家庭、神の歴史と文化は、千年、万年とそれは続いたでしょう。それは神の最初の願いでした。人間の野心と希望は、どこに根源を発しているのでしょうか。

人間の最高の誇りとは何でしょうか。ここで私たちは、人間の第一番目の最高の願いは、神の息子、娘となることであるという結論に達します。第二には、神の愛を所有すること、そして第三には、神の国を相続し、神のもっているもののすべてを相続することです。人類にとって、これ以上大きな希望はありません。それでは、人類の希望と願いとは何でしょうか。第一に、神の息子、娘となること、第二には、神の愛を所有すること、第三に、この地上を受け継ぐことです。神の息子、娘となるには、どうすべきでしょうか。

 

  善悪の判断

 

もし、堕落がなかったとしましょう。あなたが生まれる時、あなたは、どうして生まれてきたでしょう。自動的に、神の息子として生まれてきたことでしょう。それでは、堕落とは、何でしたか。それは、人間が、神から離れたことです。その堕落とは、いったい何でしょうか。その不倫な愛から、堕落した国家が始まりました。

 

神のもとにあって一つとなる代わりに、天使長は、神の立場に立って、アダムとエバを奪い取り、自分の僕として主管してしまいました。それ以来、全人類は、神の血統ではなく、サタン直接の血統を受け継いで生まれてきたのです。この堕落が現実となった今、私たちがいくら神を父と呼んでも、無意味なものとなってしまったのです。

 

この堕落世界では、利己主義と自己中心がすべての中心となっています。私たち人間は、すべてを無視し、神御自身までも無視しようとしています。なぜなら、私たちの主人は、神ではなくサタンだからです。サタンが、私たちの主人なのです。堕落ののち、人間の中に矛盾が生じてきました。家庭での闘争が、歴史上で繰り返されてきました。サタン文化の中にある堕落人間は、分裂と分離を繰り返して発展してきました。神の歴史は、統一と調和の歴史であり、サタンの歴史は、破壊と分裂の歴史であります。

 

しかしながら、堕落世界においても全人類は、元の中心である神に帰りたいという願いを内蔵しています。このために、人類は周囲のサタン的状況から、救われなければなりません。原点へ帰ろうとする人は、壮烈な闘いをしながら生きるでしょう。その人は、サタン世界の中にあって、厳しい闘いを通過しなければなりません。

 

人類歴史は、お互いを引っ張り合っている綱引きに描写されます。この闘争は、個人から始まり、家庭、国家へと拡大してきました。原点を見つける闘いが、人類歴史でした。人類の戦争歴史は、家庭、国家、世界に至るすべての段階においての善と悪との闘争歴史なのです。各家庭に各々の厳しい闘いがありますが、しかしどのような戦争であろうと、すべての段階において、神側の勝利者は、神の領域を拡大してきました。

 

戦争においては、多くの殺人と破壊がなされます。善悪の両方の側とも、破壊と混乱を免れません。どちらが善く、どちらが悪いかを、どう判断したらいいのでしょうか。悪の印は、攻撃することです。攻撃を仕掛けたほうが、悪となります。

 

教室の中で二人の男の子が、顔中血だらけにして、猛烈な喧嘩をしていました。先生のところへ行くと、まず先生は、「どちらが、最初に始めたのですか」と聞きます。教師は、大体いつでも攻撃する者より、攻撃された者の味方となります。そうですね。

 

例えば、ここに一つの学級があるとします。その中の一人の男の子はとても乱暴者でした。いつもクラスで問題を起こしていました。ある日彼は、とても静かにしていましたので、それを変えようと、誰かがいたずらを仕掛けました。その日彼は、どういうわけか、先生の同情を得ることができました。突然、誰かが彼を襲ったのです。彼が、どんなに乱暴者であろうと、その日彼は、同情を得ました。悪はいつもイニシアチブを取ります。最初に攻撃してきます。

 

しかし戦争歴史において、先に攻撃してきた者は、最後には、滅んでいます。なぜなら、先生とか神は、敗北者の味方であり、攻撃された者の味方だからです。なぜでしょう。最初に攻撃してきた者はなぜ悪なのでしょうか。

 

  歴史発展のパターン

 

人類の歴史を、考えてみてください。これは堕落の悪い部分です。神、アダムとエバは、外部から攻撃される立場でした。これは悪の本性です。攻撃者は、文句をつけて破壊します。攻撃者が損害を賠賞し、復旧させるだけでなく、多額の代価を払って罪の償いをしなければならないことは、宇宙の法則です。その法則を知っておられる神が、最初に攻撃の主導権を握ると思いますか。神は、攻撃することもなく、先導権を取ったこともありません。

 

そういう神にある人はこう言うでしょう。「神様、あなたは、攻撃しないなんて善良過ぎます。あなたに代わってが攻めましょう」。このような人は、神の民と言えますか。神の民は、決して先頭を切って攻撃することはありません。神の民はいつも攻撃されてきましたが、進み続け決してあきらめず、とどまらず、ゴールを目指して歩み続けています。

 

攻撃されながら、どうして勝利を治めることができるのでしょうか。攻撃者は、損害を賠償し罪を償うのが天宙の法則です。あなた方は、忍耐し、個人、家庭、世界のレベルに至るまで、生き延びていかなければなりません。生き残り、耐え忍び、敗北に打ち勝たねばなりません。そして最後に勝利し、悪側は、蕩減を払い罪を償わなければならないのです。たとえ全世界が、あなたを攻めようとも善なる目標をもって耐えていく限り最後には、生き残り勝利します。そして全宇宙が、あなたのものとなります。これ以上、広げようのないほどの天宙を所有します。サタンは、攻撃する者の王です。

 

それでは、神はどのようなお方でしょうか。神は、信頼の主であり頼みの綱です。分かりますか。攻撃者が、善を全滅させるなら神は、善側の人数と力を増し加えて、人類が勝利できるように導かれるでしょう。悪人が、善人を攻撃して倒してしまうと、神は、もう一人のもっと強い善人を立てて、悪を滅ぼそうとなさいます。その人が倒れれば、次の人を立てて、悪を滅ぼそうとなさいます。すべての段階の悪が、滅ぼされるでしょう。

 

神は、決してあきらめません。善と悪との激しい闘いで、善が打ち倒されたとします。しかしそれで終わりではありません。神は、決してあきらめないからです。善と悪との闘いは、そこで終わるのではありません。結局のところ神は、絶対的擁護者です。神が生きておられる限り、善が滅びることはありません。神の目から見れば、その闘いは、始まってさえいないのです。神は、いつも善悪の闘いを延長してきました。

 

神が、復帰歴史を延長してきたことを、原理は教えています。神には、それができるのです。ここに最終的な歴史の公式、パターンがあります。それはサタンは、いつも神側を攻めそして敗北しますが、神側は、いつも攻撃されながらも勝利するということです。歴史の中に、いくつかの例を見ることができます。第一次世界大戦を例にとりましょう。誰が最初に、この戦争を起こしたのでしょうか? ドイツです。ドイツは、この戦争で勝利しましたか? どうして、敗北したのでしょう。これが原理です。ドイツは、自分が敗北すると思いましたか? 勝つと思っていました。しかし、天の法則を破ることはできません。

 

それでは第二次世界大戦は、どこが勝利したでしょう。日本ですか? 日本は、戦争に負けると思っていましたか? 絶対に勝つと決めていましたね。だから戦争を起こしたのです。しかし勝ちましたか? 彼らも、天の法則を破ることはできませんでした。天の法則を犯したことは、最大の裁きとなったのです。

 

現在この世界には、民主主義側と共産主義側の二つの勢力が、対立しています。どちらが戦争屋で、どちらが主導権を握っていますか。それでは、原理と天の法則から見た場合、どちらが勝利者となるでしょう。共産側ですか? どれだけ、その勢力を拡大できるか興味深いところです。共産側は、世界の三分の二以上はできないということを知っておいてほしいと思います。

 

第一次、第二次世界大戦において、最初の三分の二は、攻撃側が勝利していました。彼らは、絶対に勝利しつつあると思っていました。第二次世界大戦を見てみましょう。ドイツは、フランスを占領し、さらにヨーロッパを占領し、日本は真珠湾と米軍基地を攻撃し、一時は太平洋全域を占拠しました。しかし、最後の三分の一をサタンは取ることができませんでした。どうしてでしょう。なぜなら、人類歴史において堕落は、三分の二の段階において生じました。ですからサタンは、完成期である残りの三分の一を奪うことはできないのです。これが全人類歴史の発展の公式です。

 

  新しい宗教運動

 

歴史を通して、いつも同じ目的をもった、理解できない、おかしな団体が現れてきました。それは宗教団体です。神を目標とし、神と共にある宗教者は、人類歴史、国境、文化的背景を乗り越えることができます。そのような人々は、始末に困るのです。なぜなら普通の判断基準が彼らには、当てはまらないからです。

 

すべての政府が、そのような団体は取り扱いにくいといっています。何ものも、彼らを妨げることができず、死さえ恐れません。政府は、いつもその団体の勢力が大きくならないうちに、それを吸収しようとしますが、死さえ恐れない彼らの前には、到底、不可能なことなのです。

 

その団体が、目に見えるほど顕著になってくると、国家はそれを悪の勢力と見るようになります。なぜなら、既に国家の範囲を超える勢力となりつつあるからです。しかし宗教者には、敵はなくかえって敵のためにも門を開きます。政府は、そのことでいつも不安です。それで国家の主権者は、彼らは暴力的であり、秩序を乱す行為をするとか、宗教者に対して様々なうそをつくり上げて、迫害するのです。

 

宗教者は、典型的なケースで、いつも神の原理を使っています。四〇〇年間、ローマのクリスチャンは、武器ももたず、武装もせず、弾丸一つも発砲しませんでした。ローマ人は、あらゆる面において非常によく訓練されていました。ローマ帝国は、何度も何度もクリスチャンを迫害しました。クリスチャンは、そのむち打ちに耐え、多くの殉教者を出し、ついに四〇〇年後、ローマ帝国を降服させました。

 

考えてみてください。原理を知らなければ私たちは、全能の神がいるのだろうかと疑問がわいてきます。もし神がいるならば、どうして人類を苦しい目にあわせるのか。その答えとして多くの人々は、神は本当はいないのだと言います。どうして彼らは、そう言うのでしょうか。原理を知ると、あなたは神がどこに存在し、その位置はどんな位置であるか分かるので、事情が分かります。

 

原理の公式的観点から見ると、私たち自身で終末を知ることができます。世界の状勢を観察することによって、それは可能です。まず第一に、新しい宗教運動が起こり、世界全体がそれを禁止し破壊しようとするでしょう。それを見たら、終末だということです。

 

終末においては、高邁な目標をもった一つの団体が現れます。白人、黄色人、黒人を問わず、また多くの宗教団体が、反対し打ち壊そうとするでしょう。おもしろいですか。打たれる準備は、できていますか。どちらの側につきたいですか。

 

歴史は、でたらめに、気まぐれにつくられたのではありません。歴史は、原理によってつくられ、原理からそれることはありません。原理によって、あなた自身の位置をはっきり見てみると、高邁な理想を掲げた孤独な団体であることが分かるでしょう。そして世界は、死に至るまで打ち続けようとしています。そのような団体に属していることは、最高の名誉です。あなた方は、原理を知っており、神に対する全知識を得ています。

 

  試練を受ける者

 

終末時代に、神が一人の使命者を遣わしたとします。その使命者は、この世界を復帰するための輝くたいまつとなれるような戦略を立てるでしょう。彼自身を隠すことなく、その姿を現して、人々に打たせるでしょう。世界は、彼を打つでしょう。それは彼の存在を全世界に知らせ、復帰するのに一番賢い、一番早い方法なのです。

 

それでは全世界をして私たちを打たせ、世界復帰のたいまつとするには、いったい、どうしたらよいでしょうか。世界中に知らせるにはどうすべきでしょうか。お金や権力を奪い取りますか。人々は、そんなことには気を留めません。しかし、自分の愛する者たちに接したら誰でも変わります。その愛する者たちとは誰のことでしょうか。そうです。あなた方のことです。妻であり、娘であり、息子たちです。それは、とても敏感なデリケートなところです。もし誰かが、その部分に触れたら、誰でも飛び上がってしまいます。

 

人類の全宗教史において、これまでかつて自分の子供たちを取り戻そうとする反対父母の運動を見たことがありませんでした。子供を必死になって捜している父母の組織ができたのは、歴史上初めてのことです。また、両親が自分の子供を誘拐するということも、これまでの歴史上起こったことがありません。普通、誘拐とは、親から子供を奪うのですが、今は親が自分の子供を誘拐しています。なぜこのようなことが起こるのでしょうか。今私たちは、善と悪との最後の対決の時を迎えています。そして、その最後の闘いはもう行われております。

 

これは、私の考えですか、それとも神の考えですか? これは、神の原理であり、神の公式です。今でもユダヤ教は、私たちを反セム族だといって反対し、クリスチャンは、私たちをクリスチャンでないといって反対しています。

 

共産主義者は、私たちを好んでおりますか。アメリカ政府は、どうでしょうか。私のために、赤いじゅうたんを敷いて歓迎しますか。全世界は、今驚くべき混乱状態にあります。今世界には一二〇カ国に宣教師が行っております。このことが、全世界で、もっと騒ぎのもとになっています。

 

一般的に、統一教会は、孤独な団体であり、「出る釘は打たれる」といった状態です。国の指導者や他の宗教団体は、私たちをつぶそうとしています。それではレバレンド・ムーンは、どこへ行くのでしょうか。すべての者たちが反対している中にあって、レバレンド・ムーンは、夜も眠れません。人々は、どうしてレバレンド・ムーンはもっと外交的にやらないのかとか、ワシントン・ポストにもっといいように話をすればいいのに、とか言います。

 

私たちは、社交的にやりますか。それとも世界中を回って、真実だけを伝えましょうか。なぜ、なぜそうしなければならないのでしょうか。そうです。世界が、私たちに注目するように前進しましょう。そうすれば、一つの重要なポイントにぶつかります。それはレバレンド・ムーンは、どちら側の人物であるかということです。

 

あなた方は、レバレンド・ムーンを、神の代身者であると言いますが、この世の人々は、サタンの代身者であると言っています。レバレンド・ムーンが、神側であると言っているのは少数派であり、大多数の者がサタン側であると言っています。レバレンド・ムーンがどちら側の人間であるかを、どう判断しますか。私たちは、新しい民主的法則を知らなければなりません。つまり、「少数派プラス神イコール多数派」という法則です。

ですから歴史的公式によれば、レバレンド・ムーンと統一教会が双肩に担っているものは、歴史的使命であることが分かります。私たちは、神側の最高の理想を代表しているのであります。神が私たちの側についていてくださる限り、私たちは、多数派です。

 

私たちは、レバレンド・ムーンと統一教会の秘密を知らなければなりません。私は、迫害され続けましたが、決してあきらめませんでした。私は忍耐しながら、み旨を押し進めてきました。これが統一教会の歴史であり、今日の歴史です。

 

  私の唯一の誇り

 

聖書に、最後まで耐え忍ぶ者は、勝利するとあります。私の歴史において、使命を遂行する時に、神から「私はあなたを知ってもいない」と言われた時がありました。あなたの責任分担においてさえも神が反対し、試練する時があります。その時じっと忍耐し、神の与えた試練に打ち勝つように努力しなければなりません。そうすれば神が降参して、「この人こそ、私のすべてを相続できる者である」と言うでしょう。

 

そして、神と私との間に契約が結ばれるのです。神は、「あなたこそ、私が人類歴史をかけて探してきた人である。私は今、その人に巡り会った」と言います。私は神に、「私は、永遠をかけてもあなたを探し求めたいと思っておりました。そして今、私はあなたが私の父、天にいます私の父であることを知りました」と言うでしょう。そして、両方の間で、誓約が交されるのです。それは、父と子の誓約です。

 

神は、そんなに簡単に「神の子」という称号を与えません。神の息子にふさわしく、人類歴史の勝利者でなければなりません。人類のすべての負債を復帰できる立場にいなければなりません。その人は、貴重なかけがえのない個人です。だからこそ神は、この一人の人物を探し出すのに、数千年の年月を費したのです。

 

レバレンド・ムーンの誇りは何でしょうか。私は、ただ一つを除いて、他に何も誇るものはありません。それはすなわち、「神は、私の父である」ということです。ですからレバレンド・ムーンは、神のすべての愛の受取人であり、神の愛の通る経路になったことを誇りに思っています。私は、神の愛を受ける神の国を相続することを誇りに思います。

 

エデンの園において、人間にとって、最初で最大の願いは、神の愛を受けるにふさわしい人物となることでした。彼らは、神の国の相続者となる予定でした。蕩減の法則と復帰路程を通して今、私は全世界に、神と人類の本来の願いは人間によって達成されたと高らかに宣言したいのです。

 

  記念すべき一九七六年

 

さて、いつこの世は、あなた方を打ち倒しにやって来たのでしょうか。その記念すべき年は、一九七六年でした。神の全歴史は、二つの大きな出来事で頂点に達しました。それはヤンキー・スタジアム大会と、ワシントン大会です。ワシントン大会は、神における最高峰の勝利でした。一九七六年に私は、全世界に知れわたりました。

 

私たちが一九七六年に打ち立てた勝利は、人類歴史から忘れ去られることはありません。一九七六年、私は、歴史のたいまつとして、その姿を現しました。公生涯において私は、人々の前に立って訴えてきましたが、今その公的摂理は終わりました。レバレンド・ムーンは、敗北しましたか、それとも勝利しましたか。

 

この世は、レバレンド・ムーンが失敗することを待っています。しかし大会の結果は、どうでしたか? 成功でしたか、失敗でしたか? 敵は、どうしましたか? 敵側は私たちの成功を認めました。大統領も、反対する人々も花火大会のあることを知って、花火を見たでしょう。ワシントン大会は、人類の歴史に転換点をもたらしたということを覚えておいてほしいのです。

 

  終末時代の現象

 

それまでは、レバレンド・ムーンは、無視され失敗する人だと思われていました。しかし世界が一斉に私を攻撃しましたが、私は負けませんでした。私は、負けないで歩み続けました。神の歴史の公式を知らなければ、それは奇妙に思われます。もし、神が、彼と共に働いているならば、彼は、どうして孤独であり、困難と苦悩を通過しなければいけないのでしょうか。もし、神が本当に怒って、その怒りを爆発させたらどうなるでしょう。神様が、何かをたたきつぶしたいと思えるでしょうか。もし、神が、愛する人間がニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストにひどく書かれたら、それらを、たたきつぶすことができますか。もし、神が本当に気違いのようになったら、そうすることができますか。アメリカで、あるいは、他の国においてどうでしょうか。

 

統一教会のメンバーは、必死に祈ります。「神様、どうか裁きを下して、ワシントン・ポストを、ニューヨーク・タイムズをたたいてください。ちょっとでもいいですからそうしてください」、また「どうか、ラビ・デイビス(ユダヤ教のリーダーで、先頭を切って統一教会に反対している)に、裁きを下してください」と。しかし神はそうできないことを知っていますね。敵を打ち砕くために、裁き主を遣わして、裁きを下すことはできません。それは、神の目的自体を壊してしまいます。

 

神は、この世にその人を打つことを許しています。彼らは、その行為によって、自らの祝福を失い、あきらめているのです。そしてその祝福は、レバレンド・ムーンに行くことになるのです。その行為は彼らにとって、自らの祝福を譲り渡す橋を築いていることになり、神から受ける祝福を自ら放棄していることになるのです。これは、終末時代の現象です。

 

レバレンド・ムーンを迫害すれば、彼らは、自らの祝福を、彼に譲り渡さなければならなくなります。それが大きな祝福となって、やって来るのです。ですから今、神のメッセージがよく分かります。どうして、統一教会のメンバーたちを苦しませ、「あなたが苦難を背負い他の人々には、安易な道を行かせなさい」と言うのか分かります。すべての苦難を引き受けようではありませんか。

 

  恵みの橋渡し

 

今、私は、世界中の人々に、祝福を与える橋になりたいと思います。そして皆さんにもそのような橋になってほしいと思います。私は、世界中のすべての祝福に関与したいと思います。私は、あなたたちを、お父様と同じような苦労と苦難の道を行ってほしいと思います。なぜなら、私が祝福を受ける時、あなた方も共に受けることができるようにしたいからです。

 

皆さんは、世界中に神の愛を示していくことになるでしょう。あなた方が世界中で、神の祝福を宣べ伝えようとする時、人々は、これを神の祝福として受け取ることを拒むでしょう。するとその祝福は、あなたの内にとどまり、それを拒むことはできません。

あなた方は、虐待されたいですか。今まで私たちは、打たれ続けその迫害者を振り返って見ることもありませんでした。しかし今、彼らに顔を向け、祝福を与え、その祝福を、また、他の人々に分かち与えるように励まさなければならない時が来ました。統一教会が一度に迫害を受けなければ解放はありません。私は今、統一教会は、このレベルまで完遂したのだということを知ってほしいと思います。

 

私たちは、個人、家庭、国家、そして世界と、正確な神の予定に従って歩んできました。従わなければならない神の正確な予定があり、私は、そのごとくに歩んできました。

 

もし、アダムとエバが堕落していなければ、彼らは、個人、国家、世界のレベルにおいて、模範となっていたはずでした。アダムとエバは、完成されたもののすべての実体となるべきでした。堕落のゆえに、そのようなモデルを誰も見たことがありません。旧約時代の諸国家は、人類の敗北の歴史をつくり、この時代には、勝利はそれほど多くありません。

 

三つの時代、つまり旧約時代、新約時代、成約時代は、各々払うべき多くの蕩減がありましたが、私たちは、それをすべて払わなければなりませんでした。縦的歴史の失敗は、すべて完全に償ってから、横的勝利圏を拡大していかなければなりません。これが成されるまでは、勝利はおぼつかないものです。団結がないのですから、摂理的蕩減条件が地上において払えません。これまで、全霊界はバラバラでした。ユダヤ教はここ、キリスト教はあそこ、仏教はまた別の所、というように各々が違った場所に存在していました。

 

堕落がなければ、キリスト教、儒教などというものも、混乱もなかったでしょう。ただアダムイズム(アダム教)があり、ただ一組の真の父母がおり、みな、そこから生まれるはずでした。

 

  復帰歴史の流れ

 

神は救い主を立てるまでに、何千年も働いてこられました。イスラエル民族、イスラエル国家も、一つの基台から出発しました。そして、その基台から、新しい摂理が始まるのです。復帰歴史を通して、一つのパターンが流れています。このパターンは、家庭、民族、国家、世界の段階においてもそれがあります。例えばヤコブ家庭は、家庭段階におけるそのパターンでした。しかしそのパターンは、たやすくやって来るものではありません。

 

ヤコブは、ハランに行って言い尽くせない苦労を、二十一年間しなければなりませんでした。そしてカナンへ帰ったのち、恵みを得たのです。さて次に、イスラエルという国を見てみましょう。選ばれた民は、エジプトへ行きそこで苦難に出会いました。しかしその後モーセに率いられてエジプトを出たのです。これがパターンが打ち立てれられる方法です。ヤコブは、家庭的段階の勝利者であり、モーセは民族的段階の勝利者です。

 

キリスト教を見てみましょう。ローマ帝国のもとにあって彼らは、四〇〇年間苦難を受けました。この苦難ののち、彼らは勝利したのです。出エジプトののちにユダヤ人は、イスラエル王朝を立てることができました。同じように、もしイエスが十字架にかかっていなければ、全アラブ地域も統一し、その時代に統一された神の国を建設していたはずです。

 

イエスは、象徴的にではなく、実体的に王の王であったのです。イエスがイスラエル国家を統一することができたら、アラブ世界を吸収するというのは、神の御計画でした。インド、中国、そしてローマ帝国がいかに強大であろうと、それらが統一した神の国に吸収されることは、大して問題ではなかったはずです。その時代に統一王国は、地上に建設される予定でした。キリスト教は違った形で発展する予定でした。もしイエスが十字架にかからなければ、それは違った方向へ行ったのです。つまりインド、中国、韓国を通過して、西洋世界へ行くはずでした。ところが、十字架のために、一八〇度方向を転換して、ローマ、イングランド、アメリカを回り東洋に戻ってきたのです。

 

今日のアメリカは、模範的キリスト教国家であり、全世界のキリスト教文化の結実でもあります。キリスト教国家のモデルとして今日のアメリカは、第二イスラエルの立場にあります。最初のイスラエルは、二〇〇〇年以上前のユダヤ国家でした。象徴的に、この第二イスラエルであるアメリカは、全世界の人々が国際的に集まって、統一された一つの国家となっています。今までの歴史の中で統一が見られなかったのは、神の愛がまだアメリカにおいては、最高に注がれていないからです。

 

  心をつなぐ運動

 

ですから統一教会の運動は、心をつなぐアメリカの精神となるでしょう。このアメリカの地において、私たちは、すべての人種と人々の心を結び、調和よく統一する強力な接着剤となります。原理で分かるように、そのような状況をつくり出すためには、蕩減を払わなければなりません。アメリカは、今日の摂理において貴重な存在です。

 

しかし、メシヤ的使命はアジアにおいて花開くでしょう。なぜならアジアは宇宙の心のようなものだからです。神は、深い宗教的性質をもった単一国家を選ぶでしょう。このような人々は、アジアから選ばれるでしょう。

 

東洋と西洋において、相似するものがあります。例えば摂理において、日本のキリスト教はヨーロッパの英国のそれと同じ立場にあります。アジアにおける韓国は、ヨーロッパにおけるイタリアに相当します。

 

半島は、橋の役割を果たして大陸と島国を結ぶ理想的領域なのです。文化運動は、いつも半島から出発しました。ギリシャ半島から、強大な文化が発展しました。ローマの強大な文化も、イタリア半島において発展しました。半島は、二つの文化が生じ融合し、一つの統一された文化を形成する場所でもあります。終末においては、西洋文化と東洋文化が合併され、宇宙の中心を形づくる、統一文化が生み出されます。

 

いつの時代も、歴史上半島は、重要な役割を果たしてきました。戦争上、重要な役割を果たしたベトナムを見てみましょう。第二次世界大戦においては、マレーシアとシンガポールがそうでした。第二次世界大戦後に、韓国の解放がなされました。それまで韓国は、いつもどこかの国に併合されていました。

 

アジアには、アメリカが関係を断つことができない国が一つあります。アメリカはベトナムから撤退しました。現在新しい政府は、韓国からいかにしてアメリカ軍を撤退させることができるか、盛んに論じております。それはアメリカの将来にいい影響を与えません。摂理において、アメリカは、韓国とつながっていなければなりません。なぜなら大きな恵みは、アメリカと韓国が連結している中から生じてくるからです。その連結が切れてしまうとアメリカは、大変困ることになるでしょう。

 

第二次世界大戦では、連合軍が他の軍隊を、ことごとく打ち砕きました。これは、神のアメリカへの贈り物でした。神の法則によればアメリカは、すべての富と土地を所有してよいことになっていたのです。アメリカが、取り扱ってもよいことになっていたのです。特に、アメリカは、共産側にどんな領域も奪われてはならなかったのです。アメリカは、世界において神の位置を占めるために建国されました。国連においても神は、アメリカに、神に反する共産勢力を除いた国連をつくる主導権を握ってほしかったのです。しかし第二次世界大戦後アメリカは、世界的責任をとることを辞退し続け、共産勢力の侵入を許しました。共産勢力は、参加を許され、公的な場所で宣伝活動ができるようになりました。現在国連は、共産主義者の宣伝活動のための道具以外何ものでもありません。

 

多くのアメリカの若き青年たちの血と汗が、流されました。その血の代価と価値をどこに見いだすことができるでしょうか。アメリカはそれを敵の手に渡してしまいました。神の手にではありません。

 

アメリカは、神の目から見たら失敗したことになります。あなた方は、神の贈り物を収穫し、それをサタンの手へ渡してしまいました。どうしてそれが許されるのでしょうか。その贈り物を受け取った悪なる人々は、そこでとどまらないでしょう。国連の心臓部へ侵入し、今ではその息の根を止めようとしています。経済的衰退、政治的衰退、すべての分野においてアメリカは、衰退しつつあります。家庭や道徳においても、急速に衰退しております。アメリカは、世界の指導的福音国家でした。しかしこの二十、三十年にアメリカのキリスト教文化は、崩れつつあります。どうしてでしょうか。なぜならアメリカは、キリスト教国家としては失敗したからです。

 

一九六〇年に、国連事務総長であるダッグ・ハマーショルドが亡くなりました。若きケネディ大統領の暗殺事件もありました。自由諸国において今や、終焉の不吉な印が出ております。それ以来アメリカは、衰退の危機にさらされております。

 

ニクソンの事態とウォーター・ゲート事件は、アメリカを深い苦悩に陥れました。政府は変わりましたが、誰かが現れて、もっと強く訴えなければなりません。誰かがその流れを変えなければなりません。何が起こるか見てみましょう。宗教指導者として、ウォーター・ゲート事件の危機に臨んで、私は、アメリカの意識をキリスト教精神へ戻すことを望みました。私がそうしたのは、ウォーター・ゲート事件が、共産主義者にとってのみ、都合のよい事件であることを知っていたからです。共産主義勢力がはびこりつつあります。もしアメリカが、ウォーター・ゲート事件によって完全に麻痺させられていたら、共産学生が勢いよく社会に流れ込んだでしょう。

 

例えばコロンビア大学においては、白昼堂々と共産学生によるデモが行われており、看板を掲げ、ポスターを貼り、ビラをまき、盛んに宣伝活動をしていました。実際に、今回初めて、アメリカの大統領選挙に共産主義者が加わりました。彼らは、自分たちにとって都合のいい人を送り出そうと必死で努力したのです。実際、このニューヨーカー・ホテルのすぐ前でも、彼らはデモをしていました。

 

彼らはカーターのために、デモをしたのです。カーターのどこに興味をもったのでしょうか。カーター政権は用心深くあらねばなりません。それらのグループの配下には、アメリカ人でない団体があり、彼らはカーターを説得して、虎視眈々と彼らの利益となるような事態がくるようにねらっているからです。

 

  人権問題は反共産主義から

 

カーター政権における人権問題は大切です。しかし、いかに運用するかが問題です。北韓では、三〇〇万もの生命が、金日成によって絶滅させられました。中国では、毛主席が数千万の生命を奪い取りました。ニューヨーク・タイムズは、その当時、六十万の生命が消えていったと伝えております。いったい誰が、人の生命を犯しているのでしょうか。

 

今日、韓国問題が大きくなり、韓国に関係することはすべて試練に遭っております。朴大統領政権は、独裁だとか、厳戒過ぎるとか非難されていますが、十四年間の政権中、ただ二人しか死刑を執行しなかったのです。一人は、北韓で訓練と教育を受けたシグマン・リーというスパイであり、もう一人は、サンドォー・キムという暗黒街のボスでした。この二人の人物は、合法的に死刑の判決を下されたのです。

 

米国会議員の贈収賄問題が、人の話題に上っています。この事件は、アメリカ議会へ働きかけようとしている他の大きな国家のしていることと比べたら、本当に小さな問題なのです。イスラエル、英国、ギリシャ、ドイツ、日本のような友好国でも、何らかの形で国会に働きかけています。特に、共産主義者たちの働きは、ますます活発になりつつあります。

 

アメリカにおける韓国問題は、非常に大きくなり、この市は、韓国の工作員であふれているのではないかと考えている人も多いのです。実は、そんなことはありません。しかしソ連側は、現在、独自の組織KGBをもち、数千人の工作員が活躍しています。それは目に見える活動ですが、そのほかに数千人の学生の背後にあって、アメリカ社会のあらゆる問題や分野に浸透しつつある工作員がいるのです。

 

もし誰かが、人権について語りたいと思うならば、まずその人は、強烈な反共主義者にならなければなりません。なぜなら、歴史上、共産主義ほど人権を侵したものはないからです。共産主義は、人間の生命を否定しています。彼らにとって、人間の生命は、虫けらの生命と全く変わりありません。虫けらのように、何百万の人々が首を切られるのです。

 

人権も大切ですが、それ以上に大切なのは、共産国家のもとにある人々の生きる権利を保障することです。それが、私が、共産主義者の頑強な敵とし、先頭を切って闘っている理由なのです。私は、共産主義を人類の敵とし、神の敵として宣言しています。そこから、微動だにしないと決意しています。共産主義者は、レバレンド・ムーンが共産主義者にとって最も手強い敵であると知っています。今、人々は、共産主義者の作戦に乗せられて、全教会も政府の要人も、彼らと祝いの会などをしています。これは悲しい光景です。新聞は、レバレンド・ムーンとKCIAを結びつけようとしていますが、これは全く信じられないことです。

 

私の観点は、韓国、アメリカだけでなく、全世界に向けられております。いまだかつて、ヤンキー・スタジアムでレバレンド・ムーンが語ったようなことを、語り得ることのできる大統領は現れておりません。

 

  真実の発言

 

レバレンド・ムーンは、そのスピーチの中でこう語りました。「この国には火事が起こっています。その火事を消すには、外部からの消防隊員が必要です。この国は病気にかかっています。医者が必要です。私はこの国に医者として、消防隊員としてやってまいりました」と。

ワシントン大会で、私は言いました。「あなたは、私に若き青年たちを与えてくださいました」と。レバレンド・ムーンは、世界へ出て世界を救うことのできるように、アメリカの青年を立派にしたいと思っています。どの宗教指導者も、このように大胆に語った人物はありませんでした。ただレバレンド・ムーンだけが、それをなしたのです。私にはそれを言うだけの理由がありました。

 

実際、レバレンド・ムーンは、アメリカから冷遇され、アメリカ国民は私に対して無知であり、ほとんど何も知りません。もし知っていれば、きっと、レバレンド・ムーンがアメリカになくてはならない、高邁な理想をもった協力者であることに気がつくでしょう。あなたたちも、このことに気がつくでしょう。あなたたちも、このことのために闘わなければなりません。

 

これが、神と、神の国に対する献身であり、忠誠であり、理解であり、自信なのです。誰もそれを奪い取ることはできません。誰もその思想を奪うことはできません。不可能です。原子爆弾であろうと、どんな武器をもってこようと、どんな軍隊の力でも奪い取ることのできないものなのです。あなた方に敵はいません。私は、政府を喜ばせ、政治家をうれしがらせるために来たのではありません。私は預言者であり、神のメッセンジャーであります。どんな場合でも、言わなければならないことは、訴えてきました。私は、ある意見が政府を怒らせたことを知っています。他の人は信頼できませんが、自分を頼りとしていけば良いのです。私たちは神によって定められた使命をもっています。自分のためではありません。私たちは、この国に影響を与えていかなければなりません。それが結局、神様が私たちに願っている道なのです。私は既に、その生命を韓国のために捧げました。自分の生命を投げ打っております。ですからアメリカも韓国も、この結びつきを断ち切ることができないのです。その関係が切れてしまうと、両国に悲劇が起こります。神はよく御存じです。

 

歴史の流れは自由主義へと向かっていますが、共産勢力もまだまだ強いのです。悲観的な状況にあります。ですから、神は、レバレンド・ムーンをアメリカへ送りました。「行ってアメリカをしっかりと神に向けさせなさい」とおっしゃったのです。神の代身として「アメリカとアジアとの関係を保ちながら、常に前進し、キリスト教世界を解放し、共産主義を解放しなさい」と。

 

レバレンド・ムーンが、次の目標を宣言したら、それは、実現可能なことであり、むなしい言葉ではありません。もし共産主義者が、私たちの目標を知ったら、恐らく笑うでしょう。しかし二十年前、雨が降れば漏るような、ほんの数人しか入れない小さな部屋で、私は世界の将来について、また、一二〇カ国の海外宣教について語りました。その当時は、到底考えられないことでした。

 

誰でも、それは気違い染みたことだと思ったものでした。しかし今日、二十年前の、あの小さな部屋と同じように、このニューヨーカー・ホテルで、共産主義とその国々を解放しようと話しているのです。他の人たちはきっと笑うでしょう。しかし、それは可能なことです。なぜなら、共産主義世界にあって、共産主義指導者の子供たちは、神側に立っているということです。彼らはレバレンド・ムーンの側なのです。霊界がそうしてくれます。霊界が彼らの前に現れ、彼らは自分の親に対して反対するようになるでしょう。それが神の摂理であり、もう既に神はその摂理を始められました。アメリカにおいても強烈な霊的啓示が、この国の議会の指導者たちの上に降りています。背後では、目に見えない驚くべき霊的現象が起こりつつあります。霊界の攻撃が始まりました。

 

  すべてを経験

 

さて、二時間が過ぎましたね。みんなで私の誕生日を祝ってくれていますが、私はまだ朝食もとっていないのです。皆さんは、何と無慈悲な人たちなのでしょう。(笑い)

 

私が一人の人間として、歴史に成しましたことは、天と地の人間を代表しています。そして、神の名によって勝利を宣言しました。天と地の勝利者として立ち、歴史を通し誰も成し得なかったことを成したのです。どうして苦難を避けて通らないのでしょうか。なぜなら、原理を知っているからです。この地上の、他の誰よりも、最も多く苦しまなければならないことを知っているからです。数千年の歴史を通して、人間は、汚れた、犯してはならない罪を犯してきました。すべての罪を解放するために、私は、この罪深い世界のあらゆる職業を経験するという条件を立て、地の底まで降りていかなければなりませんでした。

 

私が経験しなかったことは軍隊生活だけです。それ以外に私が経験しなかったものは一つもありません。ある時は乞食として、寒空の下で夜を明かしました。労働者、農夫、波止場の人夫、スポーツマン、登山家、そして石炭を掘り出す抗夫などと、すべて味わったことのないものはありません。何のためでしょうか。それは、生存しているすべての人たちへ、その救いの糸を垂れてやり、その生活からはい上がることを願ったからです。ただ韓国民族によってのみ、苦難を受けたのではありません。今、私は西洋に来て白人から迫害を受けております。またあなた方は、私のためにお金を持ってきますか、それとも、私があなた方の資金をつくりましょうか。

 

私は、あなた方にも、またすべての人々にも親の立場で働きたいのです。世界でも親が子供にお金を持ってくることは、当然のことです。統一教会も同じです。私は、子供たちのために、もっと働いてお金を上げたいのです。例えば、小さな国は外国からの経済的、軍事的援助を仰ごうと努力しますが、私は、これと全く反対です。私は、どんなに貧しくとも、もっているもののすべて、エネルギー、情熱、心情、そして生命までをも、この国の上に注いでいます。それらのすべてを豊かに、アメリカの上に施したいのです。私の考えは、はっきりしています。外部の人が何と言おうと、変わりません。

 

世界の歴史的条件を分類するために私は、条件を立てたいと思います。世界中のすべての貧しく、寂しい人々のために、家を買いたいのです。黒人、白人、プエルトリコ人、アフリカ人、ヨーロッパ人、アメリカ人、すべての人のために買うのです。

 

私は人間です。しかも最も独特な人間になりたいのです。何でも成し遂げる人間、人間にできることは何でもやれる人間になりたいのです。私の姿かたちはどうですか。皆さんは好ましく思いますか。ここでは、普通男性はほっそりした腰をしていますが、私は、とても大きな体をしています。

 

高校生のころ、私は、岩のようなレスリングのチャンピオンでした。誰も勝てませんでした。そして話が上手で、書くこともうまく、芸術家で、一夜で一冊の本を書き上げたこともありました。ある時は、日曜学校で教えたりしました。私は、子供たちの間で特に人気があり、私の語る物語は、とてもおもしろく魅力的であり、その神を中心とした物語の展開は、聞いている全員が夢中になりました。私は表情が豊かで、顔の表情で多くを語りました。偉大な文学のほとんどを知っていたし、簡単にその内容を把握することができました。

 

北韓の牢獄の中でも、みんなが友達であり、後輩であり、仲間でした。彼らを理解できたのです。私と一緒にいたら、疲れや苦しみを忘れてしまい、まるで春を迎えているような気分にさせられました。農場や農家に行けば、すぐに農夫と友達になりました。それは私が農民の心をよく知っていたからです。ですから、農業をしている所へいったら、すぐにその家の主人となるのです。彼らは私を招待して、入って一緒に夕食を食べるよう自家製のじゃがいもを食べてくれ、と頼みます。しかし、私は何にもまして、女性の間で一番人気がありました。それが非難のもとにもなりました。

 

  歴史に生命を

歴史において、歴史の主な流れである管が壊れてしまいました。人体の血管のように動脈はあったとしても、しかし静脈と細動脈が麻痺しているのです。

 

ですから私の使命とはその治療法をもたらすことです。川には、本流があり、支流がありますが、水が流れるように生命を取り戻させるのが、私です。私は、すべて造られたものは人間のために存在するという確信をもっています。「天の父よ私にはできません」とは到底言えません。私は、歴史上における最高の霊的指導者として、その位置を決定し、それをなしてきました。ですから実際に、すべての段階において私は、過去の偉大な霊的指導者のなしたすべての失敗を復帰しているのです。

 

霊界においては、循環作用がなく、すべてがふさがれていました。私は、その循環が円滑になり、霊界と地上界の両方に等しく公平に流れることを望みました。今はすべての障害物は取り去られ、一人の人間の体の循環作用のように、すべてが順調に流れるようになりました。

 

歴史において、また家庭的、民族的、国家的、世界的な段階において、支流がありました。しかし私は、その一番上から始め、すべての障害を取り除き、水が流れるようにしたのです。今まで全宗教は、独自の一つの流れをもっていました。ユダヤ教以外考えられないとか、キリスト教以外考えられないとか、仏教も他宗教もそうです。各々が傲慢であるために統一できないのです。

 

しかし誰かがその異なったすべての流れを一つにしなければなりません。そして統一する人は、そのすべてをよく知らなければなりません。仏教、儒教、その他を知らなければなりません。霊的には、私は既に統一したのです。それでその川は今、四つの方向へ向かって流れています。

 

この調和と美の世界は、地上界へ展開されようとしています。地上にも同じものをつくろうとしているのです。それが、この地上における使命のすべてなのです。霊界でなしたことを地上に展開し、地上と霊界が釣り合った相似形の一対となるようにするためです。どうして相似形でなければならないのでしょうか。今までは何の関係もありませんでした。ですから、このために私たちの心と体もまた、分離してしまったのです。

 

霊界を下ろしてこなければ、心と体を一つにする方法がありません。各段階において、異なった試練、苦難、困難があります。個人的、民族的、国家的、世界的に試練があります。そのために、私はいつも前進するように励ましているのです。それは、こんなに話しているように簡単だと思いますか? 話すことは簡単です。しかし、考えてみてください。私たちが生きている間になすことは、ほとんど不可能です。

 

しかし私たちは、勝利者にならなければなりません。世界に耐えられるだけの重みをつけなければなりません。もし霊界が襲ってきたとしても、それによく耐えなければなりません。そしてこの地上界があなたにのしかかってきても、自分自身の重さでそれに耐えなければなりません。

 

  世界に耐える家庭基盤を

 

イエス・キリストは、個人として霊界の重さに耐えました。すべての試練に耐えました。しかし、世界的試練に耐え得るだけの家庭を組織することができませんでした。また、三十六家庭の祝福の時は、外部からの迫害が激しく、穏やかに式典を催すことができなかったのです。非常な事態でしたので、私は、花嫁、花婿を、三つのグループに分けなればなりませんでした。最初は簡単に急いで、次は昼間に、そして最後は夜に行いました。

 

三十六家庭の祝福がある日、政府から取り調べを受けました。私は裁判所へ出かけ、証言し、帰ってきて、祝福をなしたのでした。このような白熱した闘いでした。私たちは立つ場所さえありませんでした。わずかな場所さえなかったのです。ですから、行動の一つ一つが、命を懸けた冒険でした。一九六〇年、私と三家庭がつくられ、真の家庭の基準が打ち立てられました。最初の祝福は、三十六家庭に与えられました。彼らは歴史的摂理において、全世界の家庭を代表しています。人類の先祖の立場となったのです。そして、その次に七十二家庭の祝福がありました。これは、世界的三十六家庭のカインとアベルを代表しています。そして一二〇家庭は、イエス様の十二弟子に相当し、世界的基盤における十二種族を代表する立場になります。その基台の上で、神は土地や地域の所有を主張できる基盤を打ち立てたのです。そこで聖地を決定しました。

 

次に四三〇家庭は、韓国全体を代表しています。韓国は、四三〇〇年以上の歴史をもっています。これは、エジプトを去ったイスラエル民族に匹敵するものです。彼らは、エジプトで四三〇年間苦しみました。そこから彼らは、カナンの地へ向かって旅を始めました。そのような旅をするためにも、天国は、世界的レベルで建設されなければなりません。ですから、四十三組のウエスタン・メンバーの祝福があったのです。これは、韓国における四三〇家庭に相当します。

 

この四三〇家庭と四十三家庭がつながれることによって、韓国の救いが世界の救いにつながるのです。

 

  七十二年度からの講演

 

次の七七七の祝福は、全世界が祝福されるための基台をつくるためでした。そして、私が世界的使命を果たす時が来ました。それで一九七二年以降は、アメリカに来たのです。三年半の間に私は、神のメッセージを宣言しながら、西洋世界に基盤をつくったのです。それらはすべて、韓国へ帰る前の、マディソン大会において頂点に達しました。このキャンペーンは、巨大な主要八カ都市講演で始まり、ロサンゼルスにおいて、成功裏のうちに終わりました。この講演旅行で、私は名誉市民の称号と、多くの宣言文をもらいました。これまでどんな歴史上の人物も、こんなに多くもらったことはないでしょう。これは、アメリカが最初に私を受け入れたことを示しています。韓国は私を迫害しました。しかしアメリカが最初に私を受け入れたことによって復帰されました。九〇〇から一〇〇〇通ものこの国の市や町による宣言文を、私は受け取りました。それは世界的なものとなり、この勝利の基台の上に私は勝利者として帰ることができました。

 

世界へ出て、世界から受け入れられ、そして今、韓国へ帰る基準を得たのです。私が韓国へもっていくものは、指輪やお金ではありません。もっと大切なもの、それは、世界からの、若者たちの精神です。私が、西洋であるアメリカで築いた勝利の基台は、今、その勝利の果実をもたらそうとしています。すなわち、それは世界からの若者たちです。

 

そしてその基台に立って、自国へ戻るのです。どうして戻るのでしょうか? イエス・キリストは、二〇〇〇年前に、ピラトやカヤパや民衆の手によって、十字架につけられました。その悲しみと苦しみと嘆きを解放する基準をつくるために、私は韓国に帰らなければならなかったのです。

 

二〇〇〇年前のユダヤ教は、今日のキリスト教に相当します。また二〇〇〇年前のイエス様の使命は、今日の統一教会の使命に匹敵します。分かりますね。二〇〇〇年前、ローマ帝国、イスラエル国家、そしてユダヤ教団は団結して、イエス様を十字架にかけてしまいました。

 

天の父は現代に同じ状況をつくり出しました。この現代におけるローマ帝国の使命はアメリカであり、そのアメリカは最初の勝利をもたらしてくれ、キリスト教の果実である若き青年たちを集わせました。韓国へ帰ると、私に反対する代わりに私を歓迎しました。蕩減は晴らされたのです。二〇〇〇年前のユダヤ教はピラトと団結して、イエスに反対しました。しかし今回は、国は受け入れましたが、キリスト教会は反対しました。私は初めて釜山から出発し、主要都市を公的な場として認めて、韓国民に向かって講演をなしたのです。釜山、大邱\D00C\D00E11、大田、ソウル。市から市へと重ねてきました。そして、それは私たちの圧倒的勝利でした。人々はまるで雲の上に乗っているかのごとくに、ぞくぞくと会場へ集まってきました。会員を中へ入れることは、とても不可能でした。私の講演を聴こうと集まった何千という人が、外に立ち続けました。

 

韓国の帰国キャンペーンと、西洋における実体的勝利を結論づけるものとして、私は、世界救国大会を開きました。六十カ国の代表が参加しました。それは一二〇万もの参加があり、私たちは国から受け入れられたということを意味します。それによって、韓国の勝利を全世界に伝える一つの接点ができたのです。

 

  喜びの年を迎える

 

一九七六年は、劇的な輝かしい勝利の年でした。ニューヨークにおけるヤンキー・スタジアムの勝利は、同じ年の九月十八日のワシントン大会へと発展し、その勝利は、神の摂理的勝利を最高頂へと引き上げました。ヤンキー大会とワシントン大会、特にワシントン大会は、一番歓迎されない状況の中で進められました。マスコミは冷たく、レバレンド・ムーンが何者であるかを調べ上げ、恐れを抱いていました。可能な限りの手段を使って、運動を食い止めようと努力しました。そのような不利の状況のもとに行われた大会は、そのことのゆえにかえって、より勝利に輝き、より価値あるものとなりました。

 

四十日間のワシントン大会キャンペーンは、イエス様の四十日復活路程に相当します。その四十日ののちに、イエス様は天国へ昇ることができました。同じように、レバレンド・ムーンも、ワシントン大会における四十日間の勝利をもって、この地上の実体的使命を成就しました。ワシントン大会は、人類の歴史、神の歴史において、最も意義深い出来事でした。

 

これにより、天のすべての区分が破られすべてが融合し、命の水が流れ出しました。すべての区分がなくなりました。霊界が開かれました。すべてが解かれ、命の水が全身に満ちあふれ、流れ出しました。霊界は解放されました。障壁は破壊され、境界線は取り除かれました。霊人たちは地上へ下り、伝道活動に参加し、協力するでしょう。たとえ、私が死んだとしてもそれは続けられます。私の使命は成就されました。神の神聖なる使命も完遂されました。その勝利を基台として、私は十月四日に天勝日を宣言しました。私は、歴史的闘いを勝利したのです。神の勝利のゆえに、これは天の喜びであり、地の喜びであります。疑う余地もありません。それは、私と霊の喜びであり、祝福家庭、統一教会のすべての家庭の喜びであります。

 

新暦二月二十日は、旧暦の一月三日でした。二月二十日までに、陰暦と太陽暦は完成したのです。喜びと勝利の年が公的に始まりました。七七七双、一八〇〇双の中に、信仰的であり従順でありながらも、相対者の不幸に見舞われた人たちを、私は知っています。幸福になれる立場にありながら、幸福になれない状況のもとにありました。ですから、神は、特別に、彼らを祝福したのです。

 

それは最も記念すべき祝福となりました。このニューヨーカー・ホテルで、二月二十日に行われました。私は、すべての人が、幸福になれるすべての条件を立てました。天が喜び、地が喜んでいます。神が喜び、全祝福家庭、統一教会の全食口が喜び、幸福になりました。すべての幸福と喜びが、すべての人へ分かち与えられました。三日後のきょう、陰暦の一九七七年の一月六日は私と妻の誕生日であり、また歴史的新紀元の年を発表した日として、全員でそれを祝いました。全宇宙も祝ってくれます。事実なのです。それは天宙的新紀元が始まるからです。きょう、妻は三十四歳を越えます。イエス様は、三十三歳以上行くことができませんでした。イエス様は、三十四歳の誕生日を神と共に祝いたかったのです。しかし、十字架のゆえにできませんでした。今年、妻は、三十四歳を越え、イエス様の三十三歳を越えていくことになります。ですから、そういう意味でも、きょうは最も記念すべき日なのです。

 

  摂理的歴史の完成

 

これから、サタンは決して神の玉座に讒訴することができません。サタンの讒訴が、神の玉座に至ることを天が許しません。なぜでしょう。アダムとエバと天使長と共に宇宙がありました。これは神が予定した一つの統一された宇宙でした。その世界では、誰も讒訴することはなかったはずです。一人の体の中に、四つの体が存在し、敵対することはありませんでした。誰も敵ではありません。もし誰かが、その調和と統一を乱すならば、その人自身同時に崩れてしまうのです。それが原理です。

 

原理によって、この勝利的成就は、神を讒訴するサタンの道をふさぎました。サタンはもはや神を讒訴することはできませんでした。これは原理です。分かりますね。これを信じ、認め、百パーセント受け入れるなら、完全にサタンを屈服できます。

 

この歴史的瞬間に、私と妻と、神の名によって、サタンを屈服させる権威と特権をあなた方に授けます。あなた方はサタンを屈服させる力を得たのです。あなた方と統一教会のメンバーのために。(拍手)(全員起立)

 

私は、今、宣言します。きょうのメッセージの題のごとくに、摂理的歴史の光の中にあって成就されました。すべての蕩減条件は完遂されました。これからは、反対を受ければ受けるほど、私たちは勝利していくでしょう。損害、苦難、試練などの圧力、讒訴を受けることもなくなるでしょう。かえって、受けたと同じだけの恵みを与えられます。

 

これにより神の領域は拡大され、二〇〇〇年まで続きます。その年までには、私たちは実質的勝利を勝ち得なければなりません。苦労が積み上げられ、二〇〇〇年までには神の国が建設されるでしょう。このサタン世界は、もはやこれ以上発展することはありません。私たちは常に前進し発展している団体であり、力であり、運動です。サタン世界が私たちに向かって、銃弾を発するならば、かえってそのゆえに、退却せざるを得なくなるのです。二〇〇〇年までには、この地上に、神の国を完成させなければなりません。